避妊薬に抵抗がある人のためのサイト

月経困難症治療の際の避妊薬の飲み方は?

月経困難症には、器質的疾患による器質性月経困難症と、器質的な異常を伴わない機能性月経困難症があります。機能性月経困難症は、月経の際に子宮内膜で作られるプロスタグランジンの過剰分泌が主な原因と考えられています。
月経は、受精卵が着床しなかったときに、子宮内膜が剥がれて血液とともに体外に排出されて起こりますが、プロスタグランジンは子宮を収縮させて子宮内膜などが体外に出るのを助けます。プロスタグランジンが過剰になると、子宮の収縮が強くなって下腹部痛や腰痛などを引き起こします。また、全身の平滑筋を収縮させる働きもあるので、頭痛や嘔吐などが起こります。
程度の強い月経困難症には、避妊薬が有効です。避妊薬は、プロスタグランジンを作る酵素の量を減らし、子宮内膜を薄く保つ作用があるので、プロスタグランジンの分泌量自体も抑えられ痛みが持続的に抑えられます。また子宮内膜が薄くなるので、出血の量も減ります。
避妊薬の飲み方は、避妊目的の場合の飲み方と同様で、生理の開始日から1日1錠服用します。21錠タイプは、1シートを飲み終えたら7日間休薬して次のシートを飲み始めます。28錠タイプは、シートの最後の数錠が偽薬になりますので、1シートを飲み終えたら次のシートを飲み始めます。休薬の期間中に生理のような出血があり、短期間で終了します。飲み忘れのないよう、毎朝の洗面時や就寝前など飲み方に工夫するとよいでしょう。婦人科を受診して処方してもらいますが、月経困難症の治療のために避妊薬を処方される場合には、保険が適用されますので費用も抑えられます。痛みを抑える効果は高く、それまで鎮痛剤を手放せなかった人も鎮痛剤なしで過ごすことができ、多くのケースで通常の日常生活を送れるようになります。