避妊薬に抵抗がある人のためのサイト

マーベロン21という避妊薬と子宮内避妊用具の違い

経口避妊薬には低用量ピル、中用量ピルなどの種類があります。低用量ピルは毎日1錠ずつ服用することでホルモン量を調節し、排卵を起こさせないようにします。排卵が起こらないということは妊娠しないということなります。経口避妊薬は望まない妊娠を避けるという効果はもちろん、生理痛を軽くしたりする効果もあります。排卵を起こさせないことで子宮を休ませることもできるので、服用中止後に妊娠しやすい体が作れるといわれています。マーベロン21とは低用量ピルの一つです。第三世代のピルになります。このピルは男性ホルモンを抑制する効果で、ニキビなどの肌荒れにも効果があります。マーベロン21と同じ名の、マーベロン28というピルもありますが、これは3週間実薬を飲み1週間休薬するというマーベロン21と異なり、休薬期間1週間分偽薬が1シートの中にあるというものです。マーベロン28の方が休薬期間を忘れることがないので、忘れっぽい方には向いているかもしれませんね。また、ピルを飲むのはちょっと…という方もいらっしゃると思います。望まない妊娠を避けるという目的であれば、子宮内避妊用具を使用するという方法もあります。子宮内避妊用具にはIUSやIUDなどの種類があります。どちらも膣内に直接器具を挿入し、子宮内に受精卵が着床するのを防ぐことで妊娠を防ぐのです。一度装着すれば数年間の避妊効果があるので、飲み忘れなどが心配な方には向いているともいえます。しかし病院での装着、除去が必要になってくるので、経口避妊薬よりも手を出しづらいということになるかもしれません。経口避妊薬、子宮内避妊用具それぞれのメリット、デメリットを理解したうえでどちらが自分に向いているのか考えたいですね。